fvLIVE 複数カメラ映像をマルチアングルで配信
リリースセミナー無料1月20日火曜日16時開催
事例のご紹介 導入された事例をご紹介します。
2015 IIHF 女子世界選手権トップディビジョン予選
fvLIVE CMS リリース予定

年内にバージョンアップ予定!

fvLIVEは2015年内にバージョンアップを行い、どなたでも簡単に
マルチアングルライブ配信を行えるようにCMSを機能追加する予定と
なっています。今まで以上にお手軽にマルチアングルでライブを行える
ようになります。専用「fvLIVE player」など多くの機能も追加予定です。

特徴1 マルチアングル映像を視聴者が自由に切り替えできる

視聴者は様々なアングルから撮影した映像から、
好きな映像を選びPCやスマートフォンでも視聴することができます。
ライブ配信中でも、動画の配置、内容を変更しながら
ライブの迫力をダイレクトに楽しめます。

【活用例】スポーツ中継、イベント等、会場に行けなくても
好きなアングルのライブ映像をスマホでも楽しむことができます。

特徴2 低負荷を実現

複数動画を独自の圧縮技術で1ストリームで配信することにより、 負荷を軽くし同時再生することができます。
複数動画を再生していても1動画を再生しているのと同じ負荷しかかからず、圧倒的に軽い操作性を実現します。

【活用例】マルチアングルからのライブ映像の同期視聴が負荷なくできるため、工場や店舗等、監視カメラとしての利用のほか、違うアングルから視聴する必要のある社員研修など教育分野でもお使いいただけます。

特徴3 ライブとVODを同時配信可能

fabric videoではユーザーに対して
ライブ映像とVODの動画映像を同時にアピールできます。
例えば、実際のライブ映像と過去映像を
1映像ストリーム内でまとめて配信することも可能です。

【活用例】エンタメ分野、ライブイベント等での利用として、
「ライブと関連して過去アーカイブ」、また「ライブ映像と
CM映像」を1画面で配信、提供することができます。

fvLIVEは上記以外にも、たくさんの機能を備えています。
お客さまがご希望される配信条件にあわせた最適なプランを
ご提案いたします。ライブ配信の料金も含め、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ/資料請求
fv
当社特許技術「fabric video」(ファブリックビデオ)

「fabric video」とは、特許を取得した当社独自の動画圧縮技術です。
いくつもの動画を自由に組み合わせ同時に再生することで
これまでの動画配信システムとは全く異なる動画体験をユーザーに提供します。

「fabric video」image
配信システムのイメージ

配信端末はPCだけでなく、iPhone、iPadや、
Androidなどのスマートフォン、タブレット端末に対応。

fvLIVE image

配信場所のインターネット回線は、お客様にてご用意いただきますが、
弊社にて回線の手配を代行させていただくことも可能です。
ライブ映像のデータ録画をご提供も可能ですので、別途ご相談ください。

ライブ配信サービスの流れ

お問い合わせから配信までのライブ配信サービスの流れをご紹介いたします。

1.ヒアリング まずはお客様のご要件をヒアリングさせて頂きます。ヒアリング後、営業担当よりお見積をご連絡致します。2.お打ち合わせ ご注文頂きましたら、実際に現地にて、ライブ配信が可能かの事前確認を致します。3.システム設定 事前に本番と同じ環境にてテスト配信を致します。テスト完了後、お客様に本番用の視聴URLをお伝え致します。4.本番 基本的にすべての機材を2重化して配信を行います。機器の故障など不測の事態が発生した場合でも、ライブ配信を継続することが可能です。
お問い合わせ/資料請求

fvLIVEサービスについてのお問い合わせやご相談、ライブ配信価格、
資料請求については、下記フォームより承ります。
まずは、お気軽にご相談下さい。

ご要望
※複数チェック可能

問い合わせ内容必須

問い合わせ内容をご記入ください。

お客様氏名必須

貴社名必須

メールアドレス必須

電話番号
※ハイフン(-)抜きでご記入。

個人情報の取り扱いについて必須

フォームに入力されましたお客様の個人情報につきましては、お問い合わせに対して当社からのご連絡する場合にのみ利用させて頂きます。同意いただける場合は、下記の個人情報の利用目的をご確認していただき、同意欄にチェックしていただいた上でお問い合わせ下さい。当社はお客様より頂く情報を、個人情報保護のポリシーに基づき取り扱います。

必須の記入もれはありませんか?今一度お確かめください。